キャッシュフローの改善に有効な、「みなし年払い制度」とは?

みなし年払い制度は、キャッシュフローの改善に非常に有効な仕組みです。

みなし年払い制度とは、どんな制度なのか?その制度を使うためにはどうすればよいのか?

ご説明させていただきます。

 

“みなし年払い制度”とは、「顧客が1年分の保険料を年払いで支払った」とみなして、保険代理店が保険会社から1年分の手数料をまとめて販売月に受け取ることができる制度です。

 

一般的に、月払いの保険を販売した場合、手数料は月ごとに支払われます。

しかし、保険会社によっては、”みなし年払い制度”を適用できる保険会社もあります。

この制度を適用することで、保険代理店はまとまった資金を先取りし、経営に充てることができます

 

ただし、この制度を適用するにあたって、保険代理店の社長に個人弁済が求められることがあります。

顧客が1年たたずに保険を解約してしまった場合、手数料を保険代理店の社長個人が返済するというものです。

 

会社経営において、キャッシュフローの観点で「入金を早く、支払いは遅く」が原則です。

キャッシュフローを円滑に回していくためにも、みなし年払い制度をうまく活用しましょう。

メルマガで最新情報を受け取る